■ はじめに ■

    トレードでもっとも大切なことは何でしょうか。

    それは、
    ほんのわずかでも優位な取引を見つけて
    それを最大限に利用する最適な手段で運用することです

    トレードは登山と似ています。
    まず、
    「目標とする山を見つけること」
    これは経験に基づくアートの部分もありますが、
    正しく地図を読む技術、
    さらに、正しい地図を作る技術も必要です。

    そして、
    「最適な手段で登山をすること」
    これを間違えれば、遭難して命を落とすこともあります。
    その2つのどちらかが間違っていれば、結果は明らかです。
    どんなに強靭な精神力を鍛えたも、それは無駄な努力となります。

    このブログでは、トレードという険しい山登りをするための
    正しい目標と手段を探していってみましょう。

    近道はありません

    でも必ず名峰の頂上に立つことが出るはずです。

    ■ 管理人からの挨拶へ ■

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --/--|スポンサー広告||TOP↑
    初めての方はここから
    前回の続きです



    解こうとしているクイズ
    EURJPYで100円買、101円売 と指値を入れたところ、100円で買が約定されました。
    その後、値が動いて101円の売が執行され1円の利益を得られる確率は、どのくらいでしょうか。
    ただし、20日目までとして、EURJPYの標準偏差は15%/年とします。

    さて、いよいよ難しくなってきました。

    20日後の時点で101円以上に確率を求めるのは、標準偏差が分かれば前々回の図のように比較的簡単に求めることが出来ます。

    ところが、20日間のうちに、1度でもよいので101円以上になる確率を求めるのは、かなり難しくなります。

    直感的には、求めようとしている確率は、20日後一時点での確率よりも高くなりますね。

    実際にその考えは正しく、かなり高い確率になります。

    ところが困ったことに、これをちゃんとやろうとすると、それこそ数式だらけになってどうにも成らなくなります。

    どうしてもやりたい人は、オプションの勉強をまじめにやってみてください。BS式よりも難しいです。

    ただ、自動車の仕組みを知らなくてもその使い方さえ知っていれば、車を運転することはできます。

    というわけで、わたしたちも同じ方針で行きましょう。

    知るべきことは、

    トラリピで儲かる(20日間のうち一瞬でもよいので101円以上になる)確率は、

    ある時点の(20日後に101円以上になっている)確率よりも高くなる
    と言う事実と

    どのようにすれば、その確率を知ることが出来るのか

    の方法

    です。

    FXで究極の海外投資
    為替変動に左右されない金利貯蓄型運用

    FX海外投資2 
    の売れ行きが良いようです。
    トレードにも役立つ金融工学の知識が初心者でも分かりやすく丁寧に書かれています。
    アマゾンのほか
    パンローリングのトレーダーズショップ
    でも扱っています(送料無料)。

    クリックをしていただくと怠け者の管理人が早く記事を書くかも
    にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
    にほんブログ村
    続きます。

    スポンサーサイト
    02/28|02.トラリピコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
    初めての方はここから
    前回の続きです



    解こうとしているクイズ
    EURJPYで100円買、101円売 と指値を入れたところ、100円で買が約定されました。
    その後、値が動いて101円の売が執行され1円の利益を得られる確率は、どのくらいでしょうか。
    ただし、20日目までとして、EURJPYの標準偏差は15%/年とします。


    前回、このクイズの答えは、約40%位としました。
    これで良いのでしょうか。

    もう少し考えて見ましょう。
    図の再掲ですが、たとえば為替レートは下の図のように動きます。

    010.jpg


    ここで赤い線に注目してみてください。仮にEURJPYがこのように動いたとしたら、どう考えればよいのでしょうか。

    20日目には99円50銭くらいなので、これは、儲けられなかった例なのでしょうか。

    違いますね。

    16日目のところを見てください。101円を突破しています。

    このタイミングで、見事売り指値に引っかかって(トラップに掛かった!)1円の利益が出ます。

    つまり、20日目に101円を下回っていようが、
    20日目までのどこかで101円を1度でも上回れば、
    儲けられるのです。


    もっと確率は高くなると思いませんか。

    ちなみに、青い線のように為替レートが動けば、残念ながら儲けられなかった例になります。


    FXで究極の海外投資
    為替変動に左右されない金利貯蓄型運用

    FX海外投資2 
    の売れ行きが良いようです。
    トレードにも役立つ金融工学の知識が初心者でも分かりやすく丁寧に書かれています。
    アマゾンのほか
    パンローリングのトレーダーズショップ
    でも扱っています(送料無料)。

    クリックをしていただくと怠け者の管理人が早く記事を書くかも
    にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
    にほんブログ村
    続きます。

    02/26|02.トラリピコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
    初めての方はここから
    前回の続きです


    解こうとしているクイズ
    EURJPYで100円買、101円売 と指値を入れたところ、100円で買が約定されました。
    その後、値が動いて101円の売が執行され1円の利益を得られる確率は、どのくらいでしょうか。
    ただし、20日目までとして、EURJPYの標準偏差は15%/年とします。

    前回の更新から時間が空いてしまいました。

    ここで、ちょっと前回の補足をしておきます。

    EURJPY(100円/1ユーロ)よりもZARJPY(10円/1ランド)のほうが、変動の変化幅は少ないのじゃない。(為替レートは何れも2012年2月頃の値)

    と思った人はいませんか。その疑問は大切です。そう思った人はFXで究極の海外投資を読んでください。(変化率と変化幅の違いですね。)

    さて、ではクイズを解いてみましょう。

    20日目のEURJPYの為替レートの分布は下の図の山形曲線だったので、101円以上の部分は色をつけたところだ。

    009.jpg


    その確率は山型曲線全体の内、色をつけた部分の割合なので、大体、50%をちょっと下回るくらいの確率だな。

    と思った人はいませんか。(より正確には40.6%程度)
    (何を言っているのか分からない場合は、FXで究極の海外投資を参照してください。)

    というわけで、20日目までに1円儲かる確率は、

    40%位

    本当にこれで良いのでしょうか。



    クリックをしていただくと怠け者の管理人が早く記事を書くかも
    にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
    にほんブログ村
    続きます。

    02/25|02.トラリピコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
    初めての方はここから
    前回の続きです


    解こうとしているクイズ
    EURJPYで 100円買、101円売 と指値を入れたところ、100円で買が約定されました。
    その後、値が動いて101円の売が執行され1円の利益を得られる確率は、どのくらいでしょうか。


    さあ、難しくなってきました。
    でもFXで究極の海外投資を読んだひとは、
    もう、答えは分かったよ。

    なんて言っているかもしれません。
    でも、途中でちゃぶ台返しがありますからお楽しみに。

    さて、クイズですが、このままでは答えが出ません。
    期間を決める必要があります。

    前回の図でも分かると思いますが、時間が経過するほど為替レートが動き回る範囲が広くなるからです。
    (これがルートTルール。詳しい解説はFXで究極の海外投資)

    常識的に考えても、

    1分後に   101円以上になる可能性よりも
    明日    101円以上になる可能性が高く、 それよりも、
    1ヵ月後に 101円以上になる可能性はもっと高い


    のは分かると思います。
    そこでこのクイズでは、
    20日後まで、で考えてみましょう。

    もうひとつ決める必要のあるものがあります。
    どのくらいEURJPYの為替レートが動きやすいかです。

    たとえばEURJPYとZARJPYでは、ZARJPYのほうが為替レートの変化率が大きいのは、チャート等で確認できると思います。

    この変動のしやすさを標準偏差といいます。(詳しい解説はFXで究極の海外投資)

    ここでは、

    EURJPYの標準偏差を15%/年としましょう。

    (過去の数値は大体このくらいです。)

    動きの激しい通貨のほうが将来どこに居るか分からないので、
    目標とするレートに達している可能性(今回の場合は1%の上昇)が高いわけです。


    ところで、今回、仮に決めた数値

    期間:20日後まで
    標準偏差:15%/年

    は、考えやすくするために、仮に置いた数値です。
    考え方さえ決まれば、後から変更することは簡単です。

    このように、変更可能な数値をモデルのパラメータ
    などとも言います。



    クリックをしていただくと怠け者の管理人が早く記事を書くかも
    にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
    にほんブログ村
    続きます。

    02/19|02.トラリピコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
    初めての方はここから
    前回の続きです


    解こうとしているクイズ
    EURJPYで 100円買、101円売 と指値を入れたところ、100円で買が約定されました。
    その後、値が動いて101円の売が執行され1円の利益を得られる確率は、どのくらいでしょうか。

    前回のグラフの再掲です。
    006


    青い線や赤い線は仮想的なレートの例で、黒や灰色の曲線はレートの動く想定範囲を確率で区分けした線でした。
    (想定範囲というのは、0日時点で想定しているという意味です。)

    この図は、時間が経過するごとにどのようにレートが動いてゆくかを表したものですが、
    ある時点で固定して、そのときにどのような分布になるかあらわすと次の図のようになります。

    007

    これは、10目と20目のレートの分布の確率です。山の高いところが高い確率となると解釈します。
    詳しくは、FXで究極の海外投資を読みましょう。

    縦軸は確率密度という良く分からないものですが、あまり気にしないでください。


    とにかく、山の高いところの確率が高いと覚えておけばよいでしょう。

    たとえば、10日目では100円近辺は、97円近辺よりも2倍位確率が高いと読めるわけです。

    繰り返しますが、
    あくまでも0日目に推定した10日目、20日目の為替レートの値の確率の分布です。


    クリックをしていただくと怠け者の管理人が早く記事を書くかも
    にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
    にほんブログ村
    続きます。

    02/16|02.トラリピコメント(2)トラックバック(0)TOP↑
    初めての方はここから
    前回の続きです


    解こうとしているクイズ
    EURJPYで 100円買、101円売 と指値を入れたところ、100円で買が約定されました。
    その後、値が動いて101円の売が執行され1円の利益を得られる確率は、どのくらいでしょうか。


    前回のように、
    ある条件を決めて為替レートなどの動きを考えることを、

    モデル化する

    などと言います。

    では、このモデル化した為替レートの動きはどのようになるのでしょうか

    006

    赤い線と青い線は、このモデルに従った仮想の為替レートの動きを乱数を使って作成したものの例です。

    このような仮想為替レートはいくらでも作れます。

    内側の黒い2本の曲線は、0日時点に推定した将来の為替レートの存在範囲です。

    約68%でこの範囲に存在することになります。

    外側の灰色の線は同様に約95%の範囲です。


    なんで、こんなことが分かるのかって? 

    それは、FXで究極の海外投資を読めば分かります。

    ところで、赤い線と青い線は仮想の為替レートですが、特に違和感は無いですね。

    仮にこれらを現実の為替レートの動きと書いたとしても、
    違うと言える人は殆どいないと思います。


    つまり、このモデルは現実を良くあらわしているようだ、
    と言えるでしょう。



    クリックをしていただくと怠け者の管理人が早く記事を書くかも
    にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
    にほんブログ村
    続きます。

    02/13|02.トラリピコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
    初めての方はここから
    前回の続きです


    解こうとしているクイズ
    EURJPYで 100円買、101円売 と指値を入れたところ、100円で買が約定されました。
    その後、値が動いて101円の売が執行され1円の利益を得られる確率は、どのくらいでしょうか。


    それではいよいよ問題を考えます。

    まず、3つの仮定をおく必要があります。

    1. 為替レートは、上がるか下がるか現時点では予測できない。
    2. 予測できない動きの大きさ(標準偏差)は一定である。
    3. 時間が経つにしたがって、為替レートは現在の値から離れた値になる確率が大きくなる。(ルートTルール)


    1. は、予想できればトラリピをする必要ありません。

    2. は、ある日突然、レートが猛烈に動くようになったり、殆ど動かなくなったりしないということです。
    仮に、こんなことがおこれば、トラリピでもどのくらいの間隔で指値をおいてよいか、判断が付かなくなります。
    (通貨によっては時間帯で標準偏差が異なる場合がありますが、日次の平日で考えれば、一定としてもよいでしょう。)

    3. の仮定は難しそうですが、たいしたことありません。
    EURJPY100円が1秒後に101円以上になる可能性は殆ど0ですが、
    1日後にはある程度あり、
    1ヶ月後には比較的ある。
    と言うようなイメージです。ルートTルールですね。
    (詳しく知りたい方はFXで究極の海外投資を読んでください。)


    この3つの仮定は、実際の為替レートに当てはめると異なる場合もあり得ますが、
    (理想のさいころは存在せず、実際には必ずゆがんでいるのと同じです。) 
    まずは、この条件(理想状態)で考えて見ましょう。

    さらに、この3つの条件は、
    トラリピ方式のトレードにとっても、特に不利になることではないので、問題ないでしょう。

    さて、このような3つの条件で、為替レートはどのように動くのでしょうか。
    そこから探ってみましょう。


    クリックをしていただくと怠け者の管理人が早く記事を書くかも
    にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
    にほんブログ村
    続きます。

    02/10|02.トラリピコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
    初めての方はここから
    前回の続きです


    解こうとしているクイズ
    EURJPYで 100円買、101円売 と指値を入れたところ、100円で買が約定されました。
    その後、値が動いて101円の売が執行され1円の利益を得られる確率は、どのくらいでしょうか。

    ここでは、これを、確率・統計的な手法を用いて直接計算してみようとしています。
    難しく考える必要はありません。

    さいころの1の目の出る確率は 1/6 と言うようなものです。

    理想的な状態で理屈で考えようということですね。

    実際には、さいころを振ると1の目の出る確率は1/6ではないかも知れません。
    わずかにさいころにゆがみがあれば、1の目が出る割合はもう少し高くなる可能性もあります。

    でもここでは、それは考えないことにしましょう。
    このように理論と現実のずれを無視する考え方を理想的な状態で考えるといいます。

    とりあえず理想状態でかんがえて、現実とのずれは後から考えたほうが、物事の本質は良く分かります。

    トラリピの宣伝文句を見たときに、これは面白い!
    と思ったのは、相場に対して上げ下げの予想をしていないからです。
    (トラリピの説明を読むと、実は別の想定をしています。なんでしょうか?)

    これは理想状態での考え方にとって非常に良い題材となります。
    上げ下げの想定をしていないということは、さいころで言えば、ゆがみがないと想定しているのと同じことになります。
     

    つまり、理論の上では
    さいころの1の目の出る確率は 1/6 
    と言えるように、
    トラリピで儲かる確率は ○○%
    と言えるからです。

    なぜ、トレードでこんな理屈なんて考える必要があるのでしょう。

    トレードをゲームのひとつとして楽しんでいるならば、
    こんなことは必要ありません。


    ただし、真剣に資産を増やそうと考えているならば、
    そのトレードの本当の姿を知る必要があります。


    知らなければ、冬山にピクニックのつもりで挑むような無謀な挑戦をすることになってしまうからです。


    クリックをしていただくと怠け者の管理人が早く記事を書くかも
    にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
    にほんブログ村
    続きます。


    02/06|02.トラリピコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
    初めての方はここから
    前回の続きです


    解いているクイズです。
    EURJPYが100円買、101円売 と指値を入れたところ、100円で買が約定されました。
    その後、値が動いて101円の売が執行され1円の利益を得られる確率は、どのくらいでしょうか。


    このクイズの解き方、大きく分けると2通りのやり方があります。

    方法1
    過去の実際のEURJPYのレートに当てはめてメタトレーダーなんかでバックテストをしてみる。
     
     そのうち、このブログでもやってみようかと思います。

    方法2
    確率・統計的な手法を用いて直接確率を計算してみる。


     今回は方法2の手法をやってみます。

    まじめにやると大変です。
    なんとか微分方程式などと言うものを解かなければならなくなって、変人以外は、たぶんブログを読まなくなるでしょう。

    スワップ派のためのFXポートフォリオ」でも、少しばかり?数式を書いたら怨嗟の声がどこからか聞こえてきたくらいですから。

    まあ、数式なんてどうでも良いわけで(誰かに計算させればよいのです)、考え方が重要なのです。

    ただし、その考え方にも、ちょっとややこしい言葉が必要です。

    まず、 標準偏差 です。
    (さあ、FXで究極の海外投資をよみましょう。)
    そして、 ルートTルール
    (ますます、FXで究極の海外投資を読む必要があります。)

    でも、どうしても本を読みたくない人には、「スワップ派のためのFXポートフォリオ」にも解説がありますから、安心してください。
    (要するに、管理人がもう一度説明するのが面倒なだけです。)


    クリックをしていただくと怠け者の管理人が早く記事を書くかも
    にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
    にほんブログ村
    続きます。



    02/05|02.トラリピコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
    トラリピ 本当に儲かるのでしょうか?の続きです。

    前回、最後にクイズを出しました。
    EURJPYが100円買、101円売 と指値を入れたところ、100円で買が約定されました。
    その後、値が動いて101円の売が執行され1円の利益を得られる確率は、どのくらいでしょうか。

    では、答えです。

    とはいきません。
    ○○%ですとやっても、だからどうした。で終わってしまいます。
    これを、ちょっとばかり突っ込んで考えてみるところが、面白いのです。
    考えているうちに、いろいろな副産物が出てくるのです。これが役立ちます。


    で、このクイズ、じつはまじめにやると結構難しい問題なのです。
    まず、「確率」と言うやつの正体をきっちりと決めておく必要があります。
    そんなに難しく考える必要なないのですが、

    さいころで1の目の出る確率は1/6 とか
    投げ銭で表が出る確率は1/2 とか
    ルーレットで特定の数値の出る確率は1/37とか

    です。
    ただし、 

    念じれば確率が変わる!
    予知能力があるからもっと高い確率で当てられる!
    おれの相場感から言えば!


    というのはだめです。(実は案外大切なこと)

    では、
    EURJPY100円が101円になる確率は・・・・? 
    簡単には出ません。 
    なぜ、出ないのでしょう。


    ここでちょっと宣伝、
    FXで究極の海外投資を読みましょう。

    まあ、買っていただければ、管理人としても大変うれしいのですが、どこかの本屋にあれば立ち読みでもしてください。
    この問題を解くこと、つまり、トレードをするうえでの基本的な考え方(思考法などと言うとカッコイイ)を身に着けるための最適な本です。

    どうしても本を読むのは嫌だ!
    と言う人は、「スワップ派のためのFXポートフォリオ」まとめサイトをのぞいてみてください。


    クリックをしていただくと怠け者の管理人が早く記事を書くかも
    にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
    にほんブログ村
    続きます。
    02/04|02.トラリピコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
    久しぶりに、ネットでどんな運用手法が流行っているのかを散策してみると、ちょっと面白いものを見つけました。非常に多くのブログで紹介されているので、ご存知の人もいると思います。

    あれです。

       トラップトレード
               とか
         トラリピ

    とか名前のついているものです。

    このブログでも
     トラリピいいよ! 
      とかやって、アフェリかなんかで稼ぐのもいいかもしれませんが、

       やりません!

    ただ、調べてみるのはなかなか面白そうなので、ちょっと深追いしてみましょう。

    ・ 本当に儲かるのでしょうか。

    ・ リスクはどこにあるのでしょうか。

    ・ より儲ける工夫の余地はあるのでしょうか。


    流行っている手法をネットで見ると、すぐにこんなことを考えてしまうのは、職業柄しょうがないのかもしれません。前ブログの「スワップ派のためのFXポートフォリオ」も、ちょっとした興味から長々を書いてしまいました。

    このトラップトレードという手法ですが、買指値とそれよりも少し高い売指値を同時に等間隔に並べて置いておいて、値動きがあれば、その差額だけどんどん儲かる!というような仕組みらしいですね。

    なんとなく、儲かりそうな予感もします。
    ただ、トレードなので儲かってばかりではないはずです。どこかにリスクがあります。
    どんなリスクでしょうか。 まず、それは追い求めてみましょう。

    さて、このトレードですが、やたらと指値だらけになって、同時に考えるのはややこしいので、そのなかの1つの買指値と売指値のペアについて詳しく調べてみましょう。

    ここでクイズです。
    EURJPYが100円買、101円売 と指値を入れたところ、100円で買が約定されました。その後、値が動いて101円の売が執行され1円の利益を得られる確率は、どのくらいでしょうか。

    ヒントは、
    かなり高い確率になります。ただし、100%ではないですよ。念のため。


    クリックをしていただくと怠け者の管理人が早く記事を書くかも
    にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
    にほんブログ村
    次回へ続きます。


    02/02|02.トラリピコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
    個人投資家の間でFXトレードが流行っています。

    少し前まではとても個人では手に入らなかったレベルの高度なツール(MetaTraderやTradeStationなど)も簡単に入手できるようになりました。

    一方、奇妙なルールを使えば確実に儲かるような怪しい情報も、
    相変わらずネットに溢れています。
    それに踊らされている人も多くいます。

    しかし、まじめに市場分析やバックテストを行いプロの顔負けの運用をしている人も確実に増えています。

    ただ、曲がりなりにも、
    プロの運用業界にいる者として言わせてもらうと、
    トレードで収益を上げることは生半可のことでは出来ません。

    私の知り合いにも大手証券会社の自己売買部門でプロップトレード(自己資金での売買)を行なっている人間がたくさんいます。
    彼らと仕事をしていたこともあります。

    彼らの手法は非常に多彩ですが、そのバックグラウンドには
    体系だった論理的で緻密な分析
    が必ず存在します。

    このブログでは、彼らの手法を直接紹介することは出来ません。
    と言うのは、
    プロの手法をそのまま書いても、個人投資家では不可能な場合もありますし、数式だらけになって何がなんだか分からないことになってしまうこともあるからです。

    そこで、出来るだけわかりやすく、
    個人投資家のトレードでも役立つ考え方を中心に
    書いてゆきたいと思います。

    ブログなので、どんな話題が出るか分かりませんが、

    少しだけトレードをまじめに勉強してみましょう。


    02/01|01.管理人からのご挨拶コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
    ブログ著者が監修した本
    ■ 絶賛発売中!

     FXで究極の海外投資 為替変動に左右されない金利貯蓄型運用

    FXで究極の海外投資
    為替変動に左右されない
    金利貯蓄型運用

    監修者 北山広京
    著者 結喜たろう
    ¥定価 2,100円
    (本体2,000円+税5%)
    2012年1月発売
    A5判 336頁

    アクセスランキング
    プロフィール

    北山広京

    Author:北山広京
    旧ハンドルネームはyamakouFX

     本業ではグローバルアロケーションモデルの作成を開始。
    運用系システムはDBから最適化まですべて自作することをモットーとするクオンツです。
     ブログ作成と同時に個人用FXポートフォリオの分析・運用システムの開発に勤しんでいます。FXの運用とリサーチはもっぱら自己資金のためにやっています
     現在、大手運用機関にてクオンツの部署を統括。

    カテゴリ
    最新記事
    著者が紹介された雑誌
    Yenスパ!2011年夏号
    P56~57
    『FXスワップ理論の新方式』
    enspa11.jpg

    Yenスパ!2008年春号
    P52~53
    『最強の2ポジションを探せ』
    yenspa3.jpg
    特別リンク集
    yamakou_investment_banner.jpg 山幸投資事業部の公式サイト
    スワップ派、トレード派を問わず最高峰のトレードツールを用意しています。

    SP_Blog.jpg
    北山広京が2007-2009年まで連載し総アクセス数15万人にものぼった伝説のブログ。本ブログの前身であるスワップ派のためのFXポートフォリオPart1です。

    Study.jpg
    上記ブログ記事をまとめた学習用サイトです。『FXで究極の海外投資』はこの記事をベースにまとめています。書籍版よりも若干レベルは高いです。
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR
    ブロとも申請フォーム
    月別アーカイブ
    カレンダー
    01 | 2012/02 | 03
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 - - -
    最新トラックバック
    最新コメント
    アクセスカウンター
    現在の訪問者数:

    現在の閲覧者数:

    現在の閲覧者数:
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。